オルソケラトロジーの費用について

 
レーシックでもなければ、コンタクトレンズとも違う、新しい視力回復方法として注目されているオルソケラトロジーですが、費用はどのくらいかかるのでしょうか。クリニックによって差がありますが、大体使用開始から1年で15〜25万円ほどの費用が必要になります。これに加え、数年ごとにレンズ作り直しのための費用、日々のケアにかかる費用、検査費用などが求められます。

自由診療のオルソケラトロジー


現在のところ日本では正式認可されていないオルソケラトロジーは、自由診療として扱われています。そのため各クリニックごとに自由な料金設定がなされているのです。初期費用として、適性検査やテストレンズ代、オーダーレンズ作成費用などが必要です。そして洗浄液を買っておく必要もありますし、定期健診も受けなければなりません。これらの内訳がどの程度含まれているかによっても、合計金額に違いが生じるでしょう。

総合的にかかる費用が最初に提示されるのか、検査してレンズを作るまでだけの金額なのか、クリニックに確認しておきましょう。そして使い続けた場合のランニングコストもどの程度になるのか説明を受けておきましょう。事前にしっかりと説明してくれるクリニックは信頼できると思います。数年プランで費用を計算してみるのです。

使い捨てコンタクトレンズと比較してどうか


長い目でみればレーシック手術をすればコンタクトの費用が要らなくなるのでお得、でも手術は怖いとか嫌いだとかでやりたくない、という人もいると思います。しかし費用を気にしながらコンタクトレンズを使い続けていくのも悔しい・・・では、オルソケラトロジーはどうなのでしょうか?

残念ながらと言いますか、じつは使い捨てコンタクトレンズを使い続けた場合とあまり変わりません。専用レンズはハードタイプですが、耐用年数は5年前後。これが10〜15万円しますから、結局同じくらいの費用が必要なのです。費用面でのメリットはあまりないと言えます。
 

関連記事

オルソケラトロジーの費用

レーシックでもなければ、コンタクトレンズとも違う、新しい視力回復方法として注目されているオルソケラトロジーですが、費用はどのくらいかかるのでしょうか。クリニックによって差があります...

オルソケラトロジーの寿命

オルソケラトロジーで使用する特殊なハードコンタクトレンズは、どのくらいの期間使用することができるのでしょうか。メーカーや使用状況にもよりますが、基本的に寿命は4〜5年と言われていま...