オルソケラトロジーとは?

 
オルソケラトロジーとは視力矯正の方法のひとつで、特殊な形状のコンタクトレンズによって角膜に圧力をかけ、角膜の形を変えることで補正していくというものです。つけている間だけ効果がある通常のコンタクトレンズと違い、角膜のカーブを変化させてしまう矯正具のような役割を果たします。主に夜間の寝ている時に装用し、日中は外します。

オルソケラトロジーの仕組み


一般的には近視や乱視など、角膜の形状を調整すれば視力回復できる症状に対して行なわれます。使用するコンタクトレンズはハードレンズの特殊な形状のもので、角膜を圧迫して徐々に形を調整していきます。手術のように角膜を削るわけではないので、レンズを外すと8〜36時間ほどで元に戻ります(個人差が大きく影響します)。

このレンズは中央部分が扁平上になっていて、角膜を外側から押し込むように圧迫していきます。夜寝ている間に装着しておけば徐々にレンズに合わせて形が変わり、それに合わせて視力も回復していきます。そして朝起きたら外しますが、その時の裸眼の状態でもある程度の視力になっているのです。日中は裸眼で過ごし、その間徐々に視力は元に戻っていきます。これを毎日続けていくわけです。夜間用が一般的ですが、日中も含めて連続使用するタイプのものもあります。

手術しない視力回復法として注目


オルソケラトロジーはレーシックなどの手術はしたくない人にとって、それに代わる方法として注目されています。日中裸眼で過ごせるので、メガネのように邪魔になることはなく、コンタクトのように外れる危険もありません。平均で0.1の視力を1.0前後にまで回復させることができています。

なお、近視の進行を抑える効果もあると言われていますが、これはそういう結果になっているケースが多いというデータがあるのみで、はっきりとした根拠は解明されていないようです。ただ実際に成果が上がっているため、子どもの視力維持のために活用されることも多くなっています。